KGIとKPIを設定する流れをざっくりと紹介します

公開日:
最終更新日:2013年07月31日

Web戦略って何だ?どうすればいいの?と悩んでいませんか?
Web戦略って言われても、Webページなんてアクセス数をアップすればいいんでしょ?
って思っていませんか?

目的やゴールがはっきりしないまま、闇雲に何でもするって事では、効果のある対策ができませんよね。
やっぱり運営するサイトの目的に見合った適切な対策をしていかないと。

まず、入門者の基本ステップとして「KGIを設定する」「KPIを設定する」という事が大切です。

KGIとKPIの違いとは

  • サイトの目的(ゴール、達成目標)=KGI
  • 目標達成のために重要視しなきゃいけない指標=KPI

ポイントは、「KPIは目標(KGI)が必要=何のためにデータを見るのか?」ということです。

KGIを設定する

さて、私が担当している音楽教室のホームページで考えてみます。

そもそも、何でWebサイトを運営しているか?の目的を明確にすると、、

Web媒体を活用して、生徒さんの数を増やしたい。
って事なので、KGIは、、
「生徒さん数を○○名獲得」でいいかな?

うーん、何か薄い、、、甘いな。。

まず、生徒さんが増えても、それが「サイトのおかげ」か「紙チラシのおかげ」か、など、
その辺がちゃんとハッキリしないと、「サイトを運営している意味」ってのがないですねー。

って事で、「Web経由での生徒さん数」にしないと。
あと、目標って事なので、”When”も明確に。

「半年間の目標:Web経由での生徒さんを○○名獲得すべし」

ですね。

KPIを設定する

目標(KGI)が明確になると、そのためにやらなきゃいけない事、チェック・向上しなきゃいけない事が見えてきます。
それがKPIですね。

例えば、

  • 新規ユーザーの訪問
  • 1訪問でどれだけのページを見ているか
  • 訪問した人が「問い合わせ」をしてくれるか
  • 検索エンジンからの訪問はどうか

などなど。

まずは、この辺のアクセス解析項目をKPIに考えてみるとよさそうですね。

もっと知りたい!

KGIやKPIについての詳しい内容をこちらの記事で解説しています。

関連記事:
入門者のために「KGI」と「KPI」の違いを超簡単に説明します。
「KGI」と「KPI」を理解してWebサイトの改善に役立てよう!

最近の更新記事