入門者にもよくわかる様に「リピート訪問」について解説します。

公開日:
最終更新日:2012年09月04日

Googleアナリティクスでよく見かける「新規訪問(NewVisitor)」と「リピート訪問(ReturningVisitor)」。

これは、非常に重要なKPI=判断基準の1つなのです。

まあ、意味は文字通りなんですが、、

新規訪問(NewVisitor)

初めてこのサイトに訪問してくれた人達

リピート訪問(ReturningVisitor)

2回以上このサイトに訪問してくれた人達。いわゆるリピーター。
(ある一定の期間内にという条件があるらしいが。)

はい。それはわかります。

ポイントは、「これをどう見るか?」って事ですね。

リピート訪問について考える

2回目以降の訪問って事は、
・意思・アクションの目的を持って再訪した
・何か気になる事(情報や商品)がそのサイトにあったから再訪した
・そのサイトが有用で、欲しい情報が見つかると思っているから再訪した
みたいな、何らかの意図があって再訪したんだなーって事が考えられます。

もし商品購入サイトであれば、
「購入アクションまで起こしたユーザー」が「新規」か「リピート」か?を測定すれば、
「新規訪問者」がどれくらい購入意欲が高いのか?
「リピート訪問者」がどれくらい購入意欲が高いのか?
の比較ができます。

FAQサイトであればどうだろう?
リピート訪問が多いって事は、むしろ1回見ただけじゃ問題が解決できなかった、とか色々と解決できない事が多すぎ!っていう事も考えられますねー。

しかし、サイトの目的にもよるけど、多くのサイトは「リピート訪問率」の向上がやっぱり重要なんじゃないかなーと思います。

最近の更新記事