キーワード選びで成功するSEOの基本!

公開日:
最終更新日:2013年08月23日

成功するキーワード選びはSEOの基本!

SEOなどWebマーケティング全般の取り組みにおいてキーワード選びはとても重要です。

ホームページを成果に結びつけるには、キーワードをどう最適化するかで大きく違ってきます。

ページの本文だけでなく、サイトのタイトル(title)や説明(description)などでも重要です。

キーワードの最適化とは

ホームページを多くの人に見てもらう方法として、Googleなど検索サイトからの訪問があります。
検索ユーザーは「何らかのキーワード」を入力して、「目的を満たす情報のあるサイト」を探しています。

そのため、Webサイトは「検索ユーザーが入力するキーワードに最適化されている」という事が重要になります。
もし、ホームページが検索キーワードに一致していない場合、誰にもサイトの存在を知られない事になりかねません。

ホームページのキーワードを最適化するという事は、検索ユーザーに対して自サイトの存在を知ってもらうための重要な戦略になります。

検索キーワードとは

検索をするという事は「何かが知りたい」ということです。
そして、探している情報について関連する言葉をキーワードとして入力して検索をします。

検索キーワードには「訪問者の意図」があるんですね。

ホームページのキーワード選びは、「ユーザーが検索する時に使うであろう言葉」を想定する事がポイントです。

ユーザーの意図を想定することから

ユーザーは「悩み」や「困っていること」「知りたいこと」を持って検索します。

例えば、

  • 「ホームページのコンサルティングって、どうなんだろう?」
  • 「引っ越しの見積りが欲しい。何社かで比較したいなー。」
  • 「新東名高速のパーキングエリアで、美味しい食べ物はあるかな?」

などなど。

そして、キーワード選びは検索ユーザーの意図から「ユーザーが検索する時に、どんな言葉を入力するか?」を想定して選んでいくことがポイントです。

サイトに来ても意味が無い(探しているものが違う)訪問を避けるためにも、ユーザーの意図をしっかりと想定してキーワード選びをすると、無駄が省けます。

基本は「知らない人」が探している

キーワードは「思いつく限り、とことん出しつくす」ことがスタートです。
専門的な用語ではなく「知らない人」が使う言葉を想定する事が大切です。

例えば「蝶番(ちょうつがい)」について知りたいが、蝶番を知らない人はどう検索するでしょうか?
検索ユーザーは「ドア 金具」「ドア 支える」「ドア 開く 金具」など、何とか工夫して言葉を入力するはずです。

専門的な用語がわからない事を想定して、キーワードを選ぶ観点が大切です。

その他、類似の言葉や関連する言葉も想定して、とことん洗い出してみるとよいですね。

最近の更新記事