サイトタイトルはSEOの基本!タイトル作成の思考プロセスとは?

公開日:
最終更新日:2012年09月05日


サイトタイトルで劇的にアクセスが増加する!(かも?)

過去の記事「ガツンと伝わるサイトタイトルがSEO対策の基本なんだな。」を参考に私が担当する音楽教室のタイトルで考えてみたので、思考プロセスが参考になれば…。

ちなみにサイトタイトルのポイントは、

1.タイトルタグにはキーワードを含めるべし
2.全角30文字以内がGood
3.ブランド名を含める/含めない
4.記号を使って視覚的に魅せる

でした。

さて、これらを踏まえて考えると、

ユーザーは何を求めて検索するのか?

当然「ドラム教室 or ドラムスクール or ドラムレッスン」は必須でしょう。

そして、やっぱり家の近くとか、通勤通学の経路で探す事が考えられる。
なので「横浜、川崎、東京」この辺のエリアを対象としている教室ってもの明記したい。

それを踏まえて、、、
「MusicBee Drum Labは横浜、川崎、東京のドラム教室です。」
かな。

うーん、タイトルって感じじゃないなー。文章になってるので、パッと目に入ってこない気が。。

もう少し、キャッチーに、
「MusicBee Drum Lab 横浜、川崎、東京のドラム教室」
うーん、何か入ってこない。。

「MusicBee Drum Lab」は教室名だけど、今回のケースではあまり有効じゃないかも?
「ヤマハ音楽教室」とかだったら、信頼感あるけどね。

ここは思い切って、
「横浜、川崎、東京のMusicBeeドラム教室」
でどうだ!

シンプルすぎるかー。。

(長考…)

もっと教室の特徴を表すキーワードを入れて、「こんなドラム教室です」ってのがわかる方がよいかな。
って事で、ドラム教室の特徴はずばり「講師の質が何よりGood!」って事なので、、

「横浜、川崎、東京の講師が自慢のドラム教室」

もっとシンプルかつ「ドラム教室」「ドラムスクール」の両方のキーワードを意識して、、、

横浜・東京・川崎のドラム教室|講師が自慢のドラムスクール

この辺でどうだ!

結果は、、、これから効果の測定をしないとね。。。

最近の更新記事