本当に良質なSEO対策とは?知っておきたいSEOの本質。

公開日:
最終更新日:2015年09月08日

ホームページやネットショップを運営している人は、SEOという言葉を聞いたことがありますよね?

「どんどん集客できるSEO」とか「アクセス向上のためのSEO対策」とか「SEO対策で上位表示」などなど、色々なキャッチコピーを見かけると思います。

では、Googleなどの「検索エンジンで上位表示をされる事」がSEOなのでしょうか?

SEOの本質とは

そもそもSEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略です。

検索エンジンが発見しやすく、登録されやすいサイト」を構築する工夫であり、「ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトにするためのルールや作法」の事をSEOと言います。

そうなんです、SEOの本質は検索で上位表示させる事ではありません。

▽ 補足追記(2015.9.8)
SEO施策で見据える先は「検索する人」です。
検索する人に優しいことにピントを合わせ、その意図を検索エンジンに100%正確に伝えるため、ルールや作法に従ってWeb構築することが「最適化」です。

Google検索エンジン最適化スターターガイドより

SEOは本来、サイトを訪れるユーザーのために行われるべきだと私たちは考えています。
サイトのコンテンツを利用するのはユーザーであり、検索エンジンはユーザーがコンテンツを見つけるために使われているに過ぎません。
検索結果のランク付けを意識するばかりでは、好ましい成果をあげることはできないでしょう。

SEOの本質とは、

  • ・良質なコンテンツを作成して
  • ・多くのユーザーに知ってもらい
  • ・閲覧したユーザーが満足する(利益をもたらす)

ということです。

まとめ

検索の上位表示を意識することは、サイト運営でとても大切です。
Webサイトをオープンしても「検索に引っかからない」では意味がないですよね。

しかし、サイトの中身(質)が無いのに裏技的な手法で上位表示を獲得する、という様なスパム行為的なサイトは検索エンジンから消えつつあります。

やはり「良質なコンテンツ」は当然のこと、「検索エンジンに発見・登録されやすい」というポイントを押さえたサイトを構築する。
それが結果的に上位表示につながる可能性が高まる、と言えるのではないでしょうか。

この記事が、サイトを運営されている方のお役に立てれば幸いです。
参考になりましたら是非シェアをお願いします。

最近の更新記事