ニュースフィードのいいね!をクリックする気持ちについて考えてみた。

公開日:

ニュースフィードのいいね!をクリックする気持ちについて考えてみた。

Facebookのニュースフィードにある「いいね!」。
自分が投稿したものに「いいね!」がつくと、ちょっと嬉しいですよね。

本当に「これ最高だから、みんなも知ってほしい!」という気持ちで投稿した記事に「いいね!」がビシバシつくと、かなりの満足感。

しかし、ニュースフィードを見ていると「今日のランチ〜」みたいなどーでもいいシンプルな投稿に対して、バシバシいいね!が付いている事があります。
これ「何が”いいね!”なんだろ?」と、とても不思議なんです。

そこで少し照れくさいですが、私の「いいね!心理」をご紹介。
皆さんも「いいね!」ってどんな時にクリックしていますか?

本当に共感して「いいね!」

本当に共感して「いいね!」

まずは、その投稿に対して本当に共感して「いいね!」をクリックする。
「強い共感」によるいいね!のパターンです。

多くの「いいね!」はこの心理でクリックしていると思います。
しかし、それ以外の気持ちでいいね!をクリックすることもあるんです。。。

コミュニケーションの一環で「いいね!」

コミュニケーションの一環で「いいね!」

「ちゃんと見てるよ〜」的なカジュアルなもの、コミュニケーションの一つとして「いいね!」をクリックするパターン。
これ、結構あると思います。

もっと薄いパターンで、正直なところ特に感想はないが「挨拶がわり」や「つながりの確認」のため、って事もあると思います。(社交辞令的?)

このパターンは幅が広いですね。

センスのアピールで「いいね!」

センスのアピールで「いいね!」

これ、正直に告白します。
このパターンは、格好つけたい時にやっちゃいます!

例えば、「ちょっとハイセンスな記事」とか「デザイン関連のおしゃれなページ」とかに、バシっといいねをつけたりする。

本当に好きで面白かったから、という事もあるけれど、

『俺って、こんなセンスよいものチェックしてるんだぜぇ〜』
『俺の趣味って、センスいいだろぉ〜』
『俺って、こんな事に関心持ってます!かっこいいだろ〜』

みたいなアピールを含んでいる事もあったり。。。
(みなさんも、そんな事ありませんか?)

下心で「いいね!」

下心で「いいね!」

若い女の子の単純な投稿に、やたらと「いいね!」がビシバシ付いて、何だか不公平感を味わったことありませんか?
よく見ると、早めにいいね!をつけているのって男性だったり…。

ちょっと生々しいけど、「この娘とつながりを継続していたい」とか「名前を覚えておいて欲しい」みたいな、いわゆる『下心』があるパターンですね。

このパターンって、かなり厄介でニュースフィードがつまらなくなるんですよね。
でも、これも正直に告白すると、私も下心で「いいね!」しちゃいます…。

まとめ

今回の背景として、友人から「いいねが付かない。何でだろう?」という相談があったのをきっかけに、どんな時に「いいね」をするんだろう?という事を考えてみました。

もちろん、「いいね!」が付くからすごいとか、付かないから友達がいないとか、そういう事ではありません。

無理やりアクセスアップの話に持っていきますが…
何も考えず、機械的につぶやくだけではなく、やはり「強い共感のいいね!」を得る事を意識して投稿する、という事が大切だと思います。(自戒を込めて)

そうすれば、魅力的なニュースフィードになっていくのではないでしょうか。

最近の更新記事