Web担当者なら知っておこう!インバウンドマーケティングとは?

公開日:
最終更新日:2014年05月02日

今や、インターネット・Webの媒体って「情報収集の手段の1つとして普通に使うもの」です。
小学生でもパソコンやiPadを「あたりまえ」に使って、情報収集してますからねー。

そんな「今の時代の個客」の心をガッチリつかむ。
これが、Webマーケティングの面白さですね。

そこで注目されているのが「インバウンドマーケティング」です。

インバウンドマーケティングって何だ?

従来のCMや電話、DMなどの「プッシュ型」セールスはアウトバウンドマーケティングと言います。
それに対して、インバウンドマーケティングとは、商品とかサービスを個客自らに「見つけてもらう」活動の事です。
「プル型」セールスとか「コンテンツマーケティング」とも言います。

具体的な内容については、バズ部さんの記事がとても参考になりました。
インフォグラフィックなので、とてもイメージしやすい!

最新のWEBマーケティングが一目で分かるインフォグラフィック5選

うーん、これからのWebマーケティングの可能性をビシバシ感じますねー。

インターネットを頻繁に利用する人が増えるに従って、インターネットマーケティングは進化を続けている。
そして、今、従来の古いタイプのアウトバウンドマーケティングは通用しなくなった。
今は、人々に価値を提供する事を主眼とした、新しいタイプのインバウンドマーケティングが主流になりつつあるのだ。
(引用:最新のWEBマーケティングが一目で分かるインフォグラフィック5選)

Web担当者Forumの記事も参考になりましたので、ご紹介します。

「メガホン対ハブ」って表現がわかりやすいです。

マーケティング新時代「インバウンド・マーケティング」

顧客に「いかに見つけてもらうか」が重要ですが、そのために小手先のSEO対策ばっかりに注力し、肝心な中身がスッカスカって事ではダメ!って事ですね。

検索からの集客は、色々なキーワードで発見されやすいWebサイトに育てていく必要があります。参考になる記事はこれ↓
色々な検索キーワードで「見つけてもらう」。発見されるSEOのススメ。

Webマーケティングの観点でホームページを改善していく事は大切ですね。

最近の更新記事