集客するなら絶対に知っておきたい!今注目の「O2O」とは?

公開日:
最終更新日:2014年05月02日

「事前にネット調べてから店舗で買う」
これは、今や“当たり前”の購買活動です。

しかし今、ネットで調べるという行動から、さらに一歩進んだ「O2O(Online to Offline)」というマーケティング活動が注目されています。

O2Oとは

O2Oとは「Online(オンライン) to Offline(オフライン)」の略です。

そもそも、

  • オンライン=インターネット(ホームページとかFacebookとか)
  • オフライン=実際の店舗など

を意味します。

O2Oのわかりやすい例としては、

  • ホームページの情報を見て「店舗へ行ってみよう」という行動を促す
  • インターネットの口コミサイトを見て、「この商品って評判いいね」と思ってもらう
  • さらに、店舗で商品を見た時に「評判いいから買おうかな」と購買行動に影響を与える
  • ネットでクーポンを配布し「試しに行ってみよう」という行動を促す

などが挙げれられます。

ただ、これだけであれば、今までの「事前にネットで調べて店舗で買う」という行動パターンと変わりありません。
(いわゆる「クリック&モルタル」と言われている手法です。)

O2O(オンライン to オフライン)は「単なる販促キャンペーンのひとつ」ではなく、「オンラインを活用した顧客エンゲージメントを高めるための手法・施策」と捉える事がポイントです。

顧客に親近感を持ってもらう

顧客エンゲージメントとは、商品や店舗・ブランドなどに対するユーザーとの強い関係性のこと。

そして”関係性”というのは、「親近感」「強い関心」「愛着」「結び付き」のイメージです。
「顧客エンゲージメントを高める」ということは、「ユーザーに親近感・愛着を持ってもらう」と言えます。

つまり、O2O(Online to Offline)とは

  • ブランドや店舗に親近感を持ってもらう
  • 商品に愛着を持ってもらう
  • お客様との結び付きを強くする
  • 口コミや友人の勧めで、購買への関心を持ってもらう

など、「顧客との関係強化」のためのマーケティング戦略ということです。

ネットでの好感・高評価が集客に貢献する

ネットでの好感・高評価が集客や売上の向上に大きく貢献するという事は、もはや当たり前の事実になっています。

例えば、

  • Facebookや口コミサイトなどのソーシャルメディアで、高評価(いいね)を得る
  • ホームページに好感が持たれる

などは、関心・ブランドへの好感を向上させます。

また、

  • 店長の日々のブログやTwitterでのツイート
  • その日に店舗であった出来事や写真の公開

などは、親近感を向上させ、「初めて来店したにも関わらず、何か常連のように居心地がよい。」という効果が期待できますね。

しかしSNSは「とりあえずやってみる」ではうまくいきません。この記事が参考になります↓
FacebookやTwitterを「やってみる」その前に。

単純に「値引きで集客」は危険

O2Oの事例として多くあるのが、「値引きクーポンやポイントを提供して、店舗への来店を促す」という方法です。しかし、単純に「値引きだけ」を誘因としてしまうのは大きな落とし穴があるので注意が必要です。

「O2Oの大きな落とし穴は、単純に値引きというインセンティブで集客すると、顧客の質が下がり、マーケティング原資が磨り減る結果を導いてしまうことだ。」日本コカ・コーラ株式会社 江端 浩人 氏
MarkeZine Day 2012 Premium O2O Specialレポートより引用

実際に、

  • クーポンを配布したが、クーポンがある時だけしか繁盛しない
  • 値引き目当てで来ているので、客層が全く違う(リピーター層ではない)

などの意見も聞かれます。

O2Oとは「関係を構築する」マーケティング

今までのネットを活用したマーケティング戦略は、「いかに情報を伝えるか」という事でした。これは、オンラインのユーザーが「情報を受け取るだけ」であったからです。
しかし、インターネットの一般化に伴いマーケティング戦略にも変化が起きていることは見逃せません。

インターネットは最も手軽に情報収集ができるツールになっており、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末の利用も拡大しています。
そのため「見つけてもらう、興味・関心を集める」という戦略が重要になり、いかに集客するか(見つけてもらうか)、興味・関心を持ってもらうか(成果を出すか)を考えて実行することが必要です。
成果のでるホームページの作り方|コトン-Webコンサルティングより抜粋

スマートフォンの普及やソーシャルメディアの登場により、インターネット上で「情報を受取るだけ」から「情報を受取る、情報を発信する、情報を交換する」と変化しています。

これは、「顧客も発言できる」「知人・知人以外の他人とも情報交換ができる」という事です。
そして、オンラインの発言・情報交換が「購買行動に大きな影響を与える」という事実があります。

このような流れの中で、ユーザーと「関係を構築する」ためのO2O(Online to Offline)が、今後重要なキーワードになりますね。

最近の更新記事